こんにちは!岐阜県岐阜市や岐阜県大垣市を含む東海エリアで活動しております、株式会社晃絆建設です。
弊社は、岐阜県瑞穂市を拠点とし、外構工事や造成工事、土木工事などを承ってまいりました。
造成工事はマイナーな工事かもしれませんが、街を形成する上で欠かせない工事の一つです。
そこで今回のコラムでは、街づくりで活躍している造成工事の役割についてご紹介します。

造成工事の役割

薄い水色の作業着男性
造成工事とは、建物を建てる前に行う土木工事のことで、建物が安全に建つよう土地を平らにする施工を指します。
大半の土地は元々平坦な状態ではないことが多いため、整地は建築工事では必要不可欠です。
特に日本の場合は山岳地帯が多いため、傾斜のついた土地が多い傾向にあります。
造成工事では、切土や盛土、埋め立て、地盤改良などの施工を駆使して、土地を安全な状態に改良していきます。
また、軟弱化している不安定な土地は、災害が起きた際に液状化する危険性があるため、持て余している土地にも造成工事を行うことが少なくありません。

造成工事が行われている現場

造成工事が行われている代表的なケースとして、住宅の建設が予定されている宅地が挙げられます。
住宅の土地に傾斜がついていると住み心地に大きく影響するため、住宅の建設には造成工事は必要不可欠です。
また、傾斜だけでなく水分を多く含んでいるような弱い地盤の場合にも、造成工事は必要です。
地盤の改善に大きな役割を果たすため、事前の地盤調査で軟弱認定をされた場合には、補強をする目的でも造成工事を行います。
住宅以外にも、ビルやマンションなどのさまざまな建設が予定されている土地で造成工事は行われており、まさに街づくりに貢献しているのです。
弊社としても、地域の皆様が安心して建物を建てられるよう、これからも精度の高い造成工事を行ってまいります。

造成工事をお考えではありませんか?

ハートのリボンテープと手
造成工事でお悩みがありましたら、ぜひ株式会社晃絆建設までご相談ください。
弊社では土木工事関連の施工を多数承っており、卓越した技術や経験をもって適切に工事を進めてまいります。
また、戸建住宅向けの外構工事なども担当しており、一般のお客様からのご相談もお待ちしております。
弊社へのお問い合わせにつきましては、ホームページのメールフォームやお電話からご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


外構工事・エクステリア工事や解体工事は株式会社晃絆建設

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田282-3
電話:058-214-2301 FAX:058-214-2302
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする