こんにちは!
岐阜県瑞穂市に拠点を構え、岐阜県岐阜市や岐阜県大垣市において、外構工事・造成工事などを手掛けている株式会社晃絆建設です!
この記事をご覧になられている方は、工事のご依頼をお考えの方ではないかと思います。
多種多様な土木工事の中でも、造成工事は専門性が高く、自分が行おうとしている工事が造成工事に分類されるのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、造成工事がどのような現場で行われているのかについて具体的な施工内容を含めてご紹介いたします。

造成が必要な現場とは

造成が必要な現場
造成工事とは、土地の状態を建設に適した状態へ整えるための工事の名称です。
戸建てやマンション、アパートなどの住宅や、その他さまざまな建物を建てる際には土地が平らな状態である必要があります。
例えば、傾いた土地に建物を建ててしまえば、建物を利用していく上で数多くのリスクが生じてしまうでしょう。
切土、盛土など幅広い施工を行っていき、土地を平らな状態に均していくのが造成工事の役割です。
続いて挙げられるのは地盤が弱い土地であり、特に水分を多く含んだ土地は大きなリスクを孕んでいます。
造成工事によって地盤を改良し、強度を高めていくことで、安心して利用できる土地を作ることが可能となります。

宅地造成

造成工事のさまざまな施工例の中でも、特に需要が高いのは宅地造成です。
日本は国土に山岳部が多く、宅地に利用される土地にも傾斜のある地形が非常に多いという特徴を持っています。
傾斜のある土地を宅地として利用できるようにするためには、宅地造成による土地の改良が欠かせません。
日本の社会の発展は、数多くの宅地造成と共に進められてきたものだと言えるでしょう。

晃絆建設へご相談ください!

見積書と電卓
晃絆建設は岐阜県瑞穂市から県内各地にかけて、数多くの外構工事と造成工事をはじめとする施工を手掛けてまいりました。
平成25年に創業してから現在に至るまで、さまざまな現場における施工の実績を残してきています。
弊社には卓越した技術と豊富な経験を有するスタッフが在籍しており、あらゆるご依頼に対して安定した品質の施工をご提供することが可能です。
外構工事、造成工事のどちらについてもお客様のご意向を丁寧に汲ませて頂き、ご満足頂ける業務をお約束いたします。
各種施工に関する事前のお見積もり、ご相談については無料で対応しておりますので、ぜひお気軽に晃絆建設へお声がけください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。


外構工事・エクステリア工事や解体工事は株式会社晃絆建設

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田282-3
電話:058-214-2301 FAX:058-214-2302
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする