こんにちは!岐阜県瑞穂市に拠点を置く株式会社晃絆建設です。
弊社は瑞穂市、岐阜市をはじめとする岐阜県全域で解体工事や外構工事、造成工事を承っています。
戸建てにお住まいの方で、外構工事をご検討されている方はいらっしゃいませんか。
今回は外構工事の中でもフェンス工事について取り上げ、フェンスの効果、ブロックとの高さのバランスについてご紹介します。

戸建て住宅におけるフェンスの役割とは


戸建て住宅におけるフェンスの主な役割は以下の通りです。
・プライバシーを守る
隣家や通行人からの視線を遮断できるメリットがあります。
・防犯面の強化
フェンスの設置で、窃盗などを目的とした侵入者を防ぐ働きが期待できます。
・外構のデザイン性を高める
今はフェンスの素材やデザインも豊富で、住宅の雰囲気に合った外構選びが楽しめます。
・敷地の境界線を明確化
フェンスの設置により誰の目からも境界がはっきり分かります。

フェンス設置のポイントは

フェンスの設置には高さが重要です。
周囲からの視線を遮るには、180cm~200cmほどが必要です。
防犯面を重視する場合は、高すぎると侵入者が隠れてしまうため、160cmほどまでが良いでしょう。
そのほか、圧迫感を軽減させる色や素材選びも重要です。
視線を遮りつつ開放感を得るためには、明るめの色の選択をおすすめします。

フェンスとブロックの組み合わせ

フェンスには強度も必要です。
そこで、フェンスの強度を上げるために有効なのがブロック基礎です。
ブロックにフェンスを埋め込むことで、強度と安定性が保たれます。
また、高さ制限についてもお伝えしましょう。
建築基準法施行令では、フェンス+ブロックの高さは220cmm以下に指定されています。
それぞれの高さはどちらも120cm以下です。
この高さ制限を守りつつ、フェンスを設置する目的によってブロックとのバランスをとると良いでしょう。

外構工事のことなら株式会社晃絆建設へ!


弊社は確かな技術力と経験を生かし、今回ご紹介したフェンスの設置などの外構工事にて、お客様にご満足いただける空間を作り上げます。
自社施工のため、費用面も安心してお任せください。
どんな小さなご依頼ごとでも、お客様のご予算やご要望に沿った提案をいたします。
外構工事をお考えの際は、ぜひ弊社にご相談ください!
最後までご覧いただきありがとうございました。


外構工事・エクステリア工事や解体工事は株式会社晃絆建設

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田282-3
電話:058-214-2301 FAX:058-214-2302
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする