こんにちは!
岐阜県瑞穂市を拠点とし、岐阜市をはじめとした岐阜県内各地から解体工事や外構工事をご依頼いただいている株式会社晃絆建設です。
弊社では造成工事も承っておりますが、「地盤改良工事」がどのような場面で必要なのか、今ひとつ分らないという方もいらっしゃると思います。
家づくりの予算計画にも関わる工事なので、この記事でチェックしてくださいね。

地盤改良工事とは


住宅を建築や増築、もしくは建て直しする場合、地盤が建物の重さに耐えられる状態かどうかがとても重要です。
しかし地面の中には、頑丈な地層もあれば軟弱な地層もあります。
「地盤改良工事」とは弱い地盤に補強を施し、建物を支えられる安全な状態にすることを目的とした工事です。

地盤改良工事を行わないとどうなる?

支える地盤がもろいまま家を建ててしまうと、次第に地盤が家の重さに耐えられなくなります。
その結果、せっかく耐震性の優れた家を建てたとしても傾いてしまうことがあるのです。
ドアや窓が開きにくくなったり、外壁がひび割れたりするなどの支障が出ることがあります。
また、時には住む人に健康被害を及ぼすこともあるでしょう。
地盤調査によって弱い地盤だと判断された場合は、安全確保のために強化しなければいけません。
また、地盤の強さは時間の経過とともに変化します。
現在の正確な地盤の強さを知るためにも、住宅を建設する前の地盤調査が重要です。

予算計画には地盤調査・改良の項目を加えよう

「この土地の上に建物を建てて問題ないか」を調べる地盤調査には、5万~30万円程度の費用がかかります。
そして地盤調査により改良が必要と判断された場合、一般的なおよそ20坪の住宅で更に50万~100万円程度の工費が必要です。
地盤調査や改良工事が必要になることを視野に入れ、予算には余白をもたせて計画すると良いでしょう。

地盤改良も株式会社晃絆建設にご相談ください


安心して住み続けるためには、建物の土地やプランに相応しい地盤改良を行うことが必須です。
地盤の状態、敷地の大きさ、建物の計画により、工事の内容も異なります。
土地について気になる点がございましたら、株式会社晃絆建設にご相談ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


外構工事・エクステリア工事や解体工事は株式会社晃絆建設

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田282-3
電話:058-214-2301 FAX:058-214-2302
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする