こんにちは!岐阜県瑞穂市に拠点を置き、岐阜市など岐阜県内の各地域で解体工事や外構工事、造成工事などを請け負っている株式会社晃絆建設です。
弊社では、農地転用の造成工事も手掛けております。
農地転用には気をつける点がいくつかあり、正しい手順で行わないと違法になることもございます。
今回は、農地転用について詳しく説明しましょう。

農地転用とは


農地を農業用以外の目的に利用することです。
例えば、所有している畑を整備して家を建てることや田んぼを駐車場にするといった例が該当します。

農地転用は許可が必要?

農地転用する場合、市町村の農業委員会や都道府県知事の許可を受ける必要があります。
所有者が申請すれば必ず許可されるというものではなく、立地基準や転用目的、資金計画の妥当性などさまざまな審査をクリアしなければなりません。

農地転用で気をつけること

許可を受ける前に農業用以外の用途で使うことは違法となります。
農地法違反は罰則が科せられるので、必ず許可を受けるようにしましょう。
また、農地転用の申請は受け付け時期が自治体ごとに定められており、審査にも数ヶ月を要することがあります。
農地転用の造成工事は許可を受けた後に開始となるので、時間に余裕を持って申請することが大事です。

農地転用の造成工事とは

畑や田んぼから、新しい用途に適した土地にするための工事です。
切土や盛土のほか、整備する土地の性質や使用目的によって、それぞれ異なる工程が必要となってきます。
特に宅地への造成工事では安全性を高めることが重要で、工事会社を探す際は価格だけでなく工程がしっかりしているかどうかの確認も大切です。
経験豊富で質の高い施工ができる会社に依頼しましょう。

農地転用の造成工事ならお任せください


弊社は確かな技術と豊富な経験で安心、安全の施工をお約束いたします。
ベテランの職人が工事に関する価格から、実際の施工まで丁寧に説明いたします。
ご要望やご質問もお気軽にお問い合わせください。


外構工事・エクステリア工事や解体工事は株式会社晃絆建設

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田282-3
電話:058-214-2301 FAX:058-214-2302
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする