こんにちは!株式会社晃絆建設は岐阜県瑞穂市に事務所を構え、解体工事や造成工事、外構工事に携わっております。
弊社の業務の一つでもある外構工事には、さまざまな種類があることをご存知でしょうか。
外構工事は一種類だけではありません。
そこで今回は、株式会社晃絆建設の業務内容でもある外構工事の種類をご紹介したいと思います。

敷地周辺に壁などを作らないオープン外構

オープン外構は、敷地の周辺に壁などを作らない外構のことです。
目隠しになるほどの高さの塀ではなく、跨ぐげる程度のフェンスあるいは生垣、もしくは敷地を囲うために土留めをした場合もオープン外構といいます。
北向きになっている敷地の多くが、日光が入るようにオープン外構にしています。
敷地が南向きでリビングに大きな窓が設置されているなど、開放感のある間取りの場合には、家の前の道路からの視線を遮るために、塀などの目隠しが設置されることも少なくありません。
完全にオープンとなるので、見られたくない部屋などが通り沿いにあるなら、植栽などにより遮断する必要があるのです。

クローズド外構は周囲の目が気にならない

道路や隣家からの視線を遮れるのが、クローズド外構です。
周囲の視線を気にせずに、快活に過ごすことができる点が魅力でしょう。
外から侵入しにくくなるので、防犯面でも役立ってくれます。
ただ建物を囲んでしまうことから、窮屈な印象にならないようなデザインにする必要もあるのです。
また侵入自体はしにくくなるものの、一旦侵入されてしまうと外から見えなくなるので、周囲の人から不審者が発見されにくくなる可能性はあるでしょう。

敷地の一部を隠すセミクローズ外構

セミクローズ外構は、敷地の一部分に塀やフェンスを設置して、隠すのが特徴です。
敷地を囲まないオープン外構と、ぐるりと敷地を囲むクローズド外構の中間にあたります。
庭や家が外から見えるけれど、外部からの侵入を防ぐ柵などの設置も、セミクローズ外構となります。
オープン外構とセミクローズ外構は、すべて見えるか一部隠すかの違いがあり、外観の印象や生活上の開放感も変わってくるでしょう。

晃絆建設へご相談ください!

株式会社晃絆建設では外構工事などの相談を承っております。
外構工事といっても、オープン外構など3種類がありますので、どのようにするかによって工事の方法を選ぶことが可能です。
フェンスを取り付けたい、塀を設置したいなどのご要望はぜひ弊社にご相談ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


外構工事・エクステリア工事や解体工事は株式会社晃絆建設

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田282-3
電話:058-214-2301 FAX:058-214-2302
   ※営業電話・セールスお断り