こんにちは!岐阜県瑞穂市を拠点に、岐阜県において外構工事や解体工事、造成工事に従事しております株式会社晃絆建設です。
木造住宅の解体工事、あるいは家屋の解体工事が、どういったものか分からないという方もいるかもしれません。
そこで今回は、木造住宅の解体工事に関するあれこれについてご紹介したいと思います。

木造住宅は手壊しが増える

木造の解体工事は、場合によって手壊しがあります。
2000年に施行された「建設リサイクル法」が影響しています。
建設リサイクル法では、分別解体の義務づけが規定されていて、重機で一気に解体するのが難しくなりました。
基礎部分や内装材、屋根材を含んだ建物は、建設資材が多く使われていて、一つずつ分別してから処分しなければなりません。
機械のみで作業を進めると資材の分別に苦労することから、手壊し解体を増やして分別しやすいようにしています。

木造住宅の解体前はどんな流れ?


解体工事を行うなら、まずは情報収集をして、解体業者を選びます。
木造住宅の解体工事にはどの程度の費用がかかるのか、そして取り壊しにかかる期間、どういった業者に依頼するのがいいのかについて情報を集めましょう。
現地調査で、解体対象の建物の広さや構造など、解体工事で必要となる情報を現地でチェックしてもらいます。
業者を選ぶ際には、相見積もりを行い、要望に応えてくれる業者を選ぶようにしてください。
見積もりが確認でき契約したら、工事でのトラブルを未然に防ぐために、業者によって近隣の方々への挨拶を行います。

家屋解体工事で知っておくべき点は?

住宅が建っている土地には、固定資産税が減額になる優遇措置があります。
更地にすると税金の優遇措置は受けられなくなり、固定資産税は最大で6倍にもなります。
さらに市街化調整区域に指定された土地では、家の建築が制限されることがあります。
そうなると家を建築する際に、自治体の許可を受けなければいけなくなります。

晃絆建設へご相談ください!

株式会社晃絆建設では、木造住宅の解体工事を承っております。
木造住宅の解体工事の際に、知っておくべきことがあります。
もし木造住宅の解体をご検討中であれば、その点もしっかりと把握しておくことが大事でしょう。
弊社では、安心かつ安全な作業を心がけておりますので、ぜひ株式会社晃絆建設にご相談ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


外構工事・エクステリア工事や解体工事は株式会社晃絆建設

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田282-3
電話:058-214-2301 FAX:058-214-2302
   ※営業電話・セールスお断り