こんにちは!岐阜県瑞穂市に拠点を置き、平成25年の創業以来、造成工事などさまざまな工事を承っております株式会社晃絆建設です。
弊社では、造成工事に携わっておりますが、造成工事をするにはどの程度の費用がかかるのか分からない方もいると思います。
そこで今回は、造成工事にかかる費用の相場についてご紹介しましょう。

平坦地と傾斜地での相場の違い

宅地造成の費用は、都道府県毎の基本的な費用が国から定められています。
平坦地と傾斜地では、費用が変わると知っておきましょう。
傾斜地を造成するとしたら、平坦地に比べて手続きあるいは工事が煩雑なため、費用が高くなります。
平坦地は、整地や地盤改良、伐採・抜根、土留め、土盛りが積算された費用です。
あくまでも目安ですが、岐阜県から割合と近い愛知県であれば、整地費用は1平方メートルあたり600円であり、地盤改良に1,700円、伐採・抜根に900円、土留めが66,900円、土盛りが6,300円必要でしょう。
また傾斜地は基本料金が高くなります。
傾斜地の造成工事費用は、整地や地盤改良、土留め、土盛りをすべて含みます。
傾きが大きければ、それだけ費用がかかるでしょう。
費用相場は、3度以上5度以下なら17,200円、25度以上30度以下であれば53,300円となります。

見積もり前の現地調査は必須

造成工事の見積もりの前に、必ず予定地を見てもらうようにしてください。
費用相場はあるものの、現場の状況によって変わるため、相場を見ただけで予算を組むのは危険です。
造成工事では、高低差あるいは傾斜具合といった情報が非常に重要です。
住宅地図や登記簿謄本などの平面図での情報では、造成工事に必要となる空間面での情報は得られないでしょう。
よって見積もりは、業者にきちんと現地調査をしてもらった上で、提出してもらうといいでしょう。

住宅ローンは組めない

住宅ローンは、建物が建っている住宅に融資をするローンであり、土地の造成工事を行う費用には利用できません。
住宅を建てる目的で造成をするなら、「つなぎ融資」でローンを組むことになるでしょう。
つなぎ融資とは、注文住宅を建てるときに土地を購入するために利用するローンです。
土地の購入をする際にも、まだ建物が建っていないので住宅ローンは組めません。

晃絆建設へご相談ください!


株式会社晃絆建設では、造成工事に加えて外構工事、解体工事を承っております。
弊社は岐阜県内において、各地からご依頼をいただいていて、数々の実績があります。
造成工事をお考えであれば、株式会社晃絆建設にご相談ください。
皆さまのお問い合わせを心よりお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


外構工事・エクステリア工事や解体工事は株式会社晃絆建設

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田282-3
電話:058-214-2301 FAX:058-214-2302
   ※営業電話・セールスお断り