こんにちは!
岐阜県瑞穂市に拠点を置き、岐阜県岐阜市、岐阜県大垣市などを施工エリアとして外構工事・造成工事などを手掛けている株式会社晃絆建設です!
この記事をご覧になられている方は、現在宅地に関する造成工事を行おうとされている方ではないかと思います。
宅地造成は住宅を建てる際に行われる重要性の高い工事です。
しかし、そんな宅地造成にはトラブルが伴ってしまうことがあると、皆様はご存知でしょうか。
今回は、宅地造成をご検討中の方に向けて、宅地造成にありがちなトラブルの事例をご紹介いたします。

騒音や振動

悩む人
宅地造成とは宅地用の土地を対象として、傾斜した土地を平坦に均す、水分を多く含んで地盤の弱い土地を補強するなどの施工の名称です。
特に日本の土地は傾斜がついていることが多いため、安全な環境に住宅を建てるためには宅地造成が欠かません。
また、土地の形状や状態を大きく改善するという施工の内容上、宅地造成は重機などが用いられる、規模の大きな工事となるケースが多くなっています。
そのため、宅地造成の施工中には、騒音や振動が伴ってしまうのが特徴です。
騒音や振動は日常生活におけるストレスとなってしまうほどの大きさになることもあり、宅地造成作業中は近隣にお住まいの方々の負担となってしまう可能性があります。
事前に挨拶まわりを行い、工事に関する了解を得ておくことで、トラブルのリスクを軽減できるでしょう。

近隣とのトラブル

宅地造成において近隣とのトラブルを招く致命的な原因になりがちなのが、施工時の境界の誤りです。
認識していたご自身の土地の範囲が実際のものと異なっており、隣家の敷地を侵すような造成工事を行ってしまうと、大きなトラブルとなってしまうことがあります。
裁判にまで発展してしまうリスクもあるため、境界については間違いがないよう慎重に確かめておかなければなりません。

宅地造成の依頼をお考えではありませんか?

見積書と電卓と2つの家の模型
晃絆建設は岐阜県瑞穂市を本拠地として、造成工事や外構工事など多種多様な業務を承っております。
岐阜県内を主な施工エリアとしており、地域密着型の経営方針を取っているのが特徴です。
県内のお客様からのご依頼に常にスピーディーに対応させていただける体制を取っており、経験豊富なスタッフたちによる優れた施工のご提供が可能です。
また、多数の施工実績を残してきており、信頼性の高さに定評があります。
お客様の大切な住まいに関わる施工を誠心誠意担わせていただきますので、各種施工をお求めの際にはぜひ晃絆建設へご相談ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


外構工事・エクステリア工事や解体工事は株式会社晃絆建設

〒501-0231 岐阜県瑞穂市野白新田282-3
電話:058-214-2301 FAX:058-214-2302
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする